大志塾|経営者の魂の道場「大志塾」は日本を背負って立つ真の経営者が育つ場として、志ある経営者が集う経営塾です。若手経営者に向けた社長研修も。無料経営コラム・動画セミナー公開中。

大志塾代表 藤原大士(ふじわらひろし)プロフィール

藤原大士とはどんな人? プロフィール

昭和11年





昭和53年

昭和62年

平成14年

平成20年

愛媛県伊予市に生まれる
中央大学法学部法律学科を卒業
防衛庁勤務、本庁人事等要職を歴任
内閣国防会議事務局
(現内閣安全保障室)へ出向

日本法学教育研究会理事長就任

日本古神道研究会会長就任

「蘇れ日本人の会」設立、会長就任

「大志塾」設立


藤原大士

藤原大士(ふじわら ひろし)

1936年愛媛県伊予市生まれ。
神道研究家、国家経営哲学家、法律家養成家。

防衛庁(現・防衛省)に入庁以来、人事要職を歴任し、 第一線で数多くの人事制度改革および組織編成に携わる。 その後、内閣国防会議事務局(現・内閣安全保障室)へ出向し、佐藤栄作総理の下、国防の業務に当たる。

1968年に防衛庁を退職し、法律家の指導養成をする。そのころ神道と出会い、日本の明るい未来をつくるには、国家経営における本来あるべき姿の政治と、国民を豊かにする正しい経済の両輪が必要だと、政治家と経営者の育成支援を始める。
以後30年間以上も「本物の生き方と経営者の育成」をメインテーマに、指導と講演などの活動を行う。その本質的な指導に、経済界などに熱烈な支持者多数。

上場企業の創業者や会長を始め、二代目経営者や経営幹部、起業志望の若者たちが企業繁栄のための経営哲学を学んでいる。また東京都神社庁や多賀大社などでも神道の講演などを行い、全国の宮司や、宗教家たちの中にも信奉者は多い。

「蘇れ日本人の会」会長。大志塾主宰。
『混迷する世の中をどう生きるか(出版文化社)』など著作多数。


次のページ⇒ 大志塾名誉顧問の中條高徳氏から「明日の日本を担う経営者達へ」