大志塾|経営者の魂の道場「大志塾」は日本を背負って立つ真の経営者が育つ場として、志ある経営者が集う経営塾です。若手経営者に向けた社長研修も。無料経営コラム・動画セミナー公開中。

無料経営コラム
経営者の健康


人生の根っことは、何か

 「人生の根っこをしっかりと張る」と言われても、
何をどうしたら良いのかわかりにくいだろうか。


「人生の根っこ」とは何か?

根っこである以上、人の目から見えないところのものだ。

つまり神仏である。

それは宗教的な意味ではなく、自らの命を大切にし、
命の源(みなもと)に繋がることなのだ。
まず自分の親、ご先祖様を大切にすることだ。


そして神様とのご縁を持つことである。

「神縁」と言うが、「困ったときの神頼み」や
「ご利益信仰」だけでなく、普段から神様とのご縁を大切にしておくことである。

日本は、八百万の神(やおよろずのかみ)と言われ、
たくさんの神様がおられる。どこに行っても神社がある。
特に、地元の神様、産土神様(うぶすなのかみさま)を大切にしておくことだ。
また日本人である以上、日本の中心の神様である天照大御神様の伊勢神宮に、
年に一度くらいはお参りすることが大事ではないだろうか。


「根っこ」は、普段人の目に触れることはない。
しかし、自分を土台から支える力になる。

普段から、神仏にご挨拶し、つながりを大切にしておくことだ。
その積み重ねが、自分の根っこを強くしていくのだ。

根無し草では、嵐に耐える力は弱いものだ。

 

<< 前のコラム
「経営者の健康」へ
次のコラム >>
「二代目経営者向け」へ